2020年 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
今日
現在、営業は月・水・金のみ
2020年 12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
 

トップ > 日本酒 > 蔵元・東北 > 青森県 > 八戸酒造

八戸酒造

陸奥八仙

むつはっせん

青森県 八戸酒造

青森県八戸市湊町本町9

八戸酒造について

元文5年(1740年)、初代駒井庄三郎が青雲の志で近江の国を出、陸奥の地にて酒造りの道に入り、 以来蔵元代々酒を造り続けてきました。現在、8代目庄三郎は青森県の地酒として県産の米と酵母にこだわり、 仕込み水は八戸・蟹沢地区の名水を使用した、時代が求める環境と健康に配慮した安全で美味しい酒造りに 挑戦しています。

銘柄『陸奥八仙』について

中国の故事、酔八仙(八人のお酒の仙人の物語)では、酒仙たちの様々な逸話や興味深い酒の楽しみ方が語られています。 飲む方が酒仙の境地で酒を楽しんで頂きたいとの思いを込めて『陸奥八仙』と名付けられました。

これからも期待できる酒蔵

兄:秀介氏がが酒を広める専務を務め、弟:伸介氏が醸造責任者を務める八戸酒造。 最近では日本酒の様々なコンクールで賞を総なめするなど、素晴らしい酒質と共に輝かしい実績を残しています。 自ら、八戸観光大使になりたいと語る八戸酒造 駒井秀介専務は日本中、世界中に八戸の素晴らしさを発信されています。 今後の八戸酒造にも期待です。

八戸酒造訪問 八戸酒造訪問

2015.05.八戸酒造訪問

全40件

ページトップへ